1. トップページ
  2. アイクリームよりこっちのケアのほうがいいかも

アイクリームよりこっちのケアのほうがいいかも

保湿効果のあるパック(ルルルンプレシャスのレッド)と、セラミドの入ったワセリンタイプのバーム(ロートのケアセラ)を使っています。夜、洗顔をしてローションや乳液でしっかりと保湿をしたあと、さらにパックをのせます。美容液成分が浸透したなと感じたらパックをはがし、夜寝る直前にバームを顔全体に、そして目元に特にたっぷりとのせてから寝ています。

30代 【使用本数と価格帯】1本15,000円

アイクリームはもう使っていません。グリコのエレジナのクリームを顔全体に使っていて、その延長で目元も一緒に塗るようにしています。グリコのエレジナクリームVは保湿がとてもできるので、アイクリームの必要性を感じません。

50代 【使用本数と価格帯】3本・8000円

ニベアの青缶でやさしくマッサージをしています。特に効果はないですが、とにかく乾燥させないように、マッサージの際はすごく優しくマッサージすることを心がけています。

24歳 【使用本数と価格帯】1本・6000円

最近はマスカラを使うのをやめました。色素沈着も避けたかったですし、マスカラを付けているとすぐに目が疲れてしまいます。アイラインとアイシャドーだけの目元メイクにしたら疲れ目がだいぶ改善されたのでクマやシワの防止にもなっている気がします。

35歳 【使用本数と価格帯】1本・3,500円

今はドクターシーラボのオールインワンゲルで美容液から化粧水まですべてが一つに入っている商品を使っています。アイクリームを使っていた時と、あまり変わらない気もしますが、このオールインワンゲルを使うことで少なくとも悪化はしていないようなので、このままとりあえず様子を見ていくつもりです。

40代 【使用本数と価格帯】3本・4500円

今は、アイクリームはすっかりやめて、アイケアといえばお風呂で自分でマッサージをして血行を良くしています。湯船につかって、眼球の周りの骨を軽く押しています。あとは、疲れたときに温かくなるアイマスクをしています。

30代 【使用本数と価格帯】3本・8000円

とろみのある化粧水(専科パーフェクトエマルジョンシルキーホワイト)をシートマスクにたっぷり含ませ、お風呂で湯船につかりながらパックしています。蒸気のおかげか、肌全体が潤いますが目元にも負担をかけず、潤いを与えてくれます。目元専用のケアではなくても十分だと実感しています。目元のシワも、気休め程度ですが減っている気がします。

30代 【使用本数と価格帯】2本・6000円

「メラノCC」というシミ対策美容液を使っています。瞼のシミと目の下の肝斑に使っています。あと、ネットで見つけた目のたるみに効くツボ押しマッサージをしています。

40代 【使用本数と価格帯】1本・3500円

化粧品を使うケアではありませんが、目の体操をしております。目をぐるぐる回したり、ギュっと瞑ってはパっと大きく開くといった感じで筋肉を使うよう意識しております。やはり、たるみなどは化粧品だけでは補えないのでこう言った点も意識しております。

25歳 【使用本数と価格帯】3本・5,000円

資生堂のdプログラムの、顔バックや美容液を使っています。しかし、あまり直接の目もとへの効果はあまり感じられません。なかなか、効果を感じられないので、良い方法を考えています。

39歳 【使用本数と価格帯】3本・1万円

Copyright (C) 2016 アイクリームは必要?疑問に答えます All Rights Reserved.